球詠、大正野球娘。パワプロ再現選手製作所

野球漫画・アニメの女子選手再現

川原光(球詠)【パワプロ2021再現・パワナンバー】

f:id:Curtland2:20210711152520p:plain

川原 光(球詠/新越谷高校)

パワナンバー:12100 51689 76469(※単行本9巻時点)

※続刊の描写次第で能力のバージョンアップを予定

f:id:Curtland2:20210711152538j:plainf:id:Curtland2:20210711152555j:plain

謎多き美少女左腕

二年生ながら夏大会後に入部した異色のサウスポー。

先輩のしごきを恐れて入部を避け、怜が復活させた新チームの健闘を見て参加したところまではわかっているが、それまでやっていたアルバイト先の軟式野球チームとは何物なのか、そもそもどんな人となりなのか、9巻時点ではまだ不明な部分も多い。

小柄ながら、しっかり鍛えられた身体で、決してハンデは感じさせない。

基本情報

■左投左打 投手(サブポジ:外野手◎、一塁手○)

  • 後述のとおり、中堅手の守備は怜にも褒められている。

■投球フォーム:オーバースロー74

■打撃フォーム:スタンダード141

能力詳細 

f:id:Curtland2:20210711152815j:plainf:id:Curtland2:20210711152829j:plainf:id:Curtland2:20210711152841j:plain

○投手:139km/h コンD スタC スライダー4 チェンジアップ4 適正: 先(中、抑)

■適正:先発◎、中継ぎ○、抑え○、スタミナC

  • 加入後初実戦で先発するなど、明らかに先発型。熊谷実業練習試合では一失点完投。(48/51)
  • 現状詠深に次ぐ二番手候補筆頭であり、重要な試合では当然リリーフ登板もあると見込む。

■球速139km/h、ノビC

  • 珠姫が「球質としては強ストレートに近い」と言いつつ「威力はあまりない」と評する。矛盾しているようにも思えるが、言い換えれば「ノビのある奇麗な直球だが速くない」ということか。実際にその後、直球を強打されている。(48)

■コントロールD

  • 球姫「制球はあまりよくない」(48)
  • その後、熊谷実業練習試合では、珠姫「今日は制球いいですね」。合宿で制球力を磨いたか、確かにコースにビシビシ決まっている。(51)

■スライダー4、対左打者Cキレ○

  • 鋭く曲がるスライダーで空振を奪い、芳乃「左打者に有効なスライダー」(48)

■チェンジアップ4、リリース○

  • 右打者から空振を奪う。(48/51)
  • タイミングを外して内野ゴロに打ち取る。ここまでの描写では、すべての打者が直球と思って振りにきており、リリースの上手さがうかがえる。(51)
  • チェンジアップの変化量はかなり特殊だが、空振りが取れるブレーキ量を評価し、4とする。サークルチェンジと迷ったが、右打者の内角にも使っており、シュート方向に落ちているようには見えないのでチェンジアップに。 

 

○野手:4DDDCDE

■弾道4、ミートD、パワーD、強振多用

  • 初試合で見逃三振と詰まった中飛。豪快なスイング。球姫「フリーでは飛ばしていた」(48)
  • 練習で右越二塁打を放つ。(49)
  • フルスイング派だが自称「小技も得意」。控えめなタイプなのにここまで言うのは相当な自信を持っている証拠。(49)
  • 夜明林工練習試合で右投手から右中間に適時二塁打を放つ。(51)
  • 姫宮高校戦、一塁手で三番に入る。(54)
  • 総括して、ミートも上手く、パワーもそこそこあり、何より持ち味はフルスイングで打球を上げて長打が狙える点かと。(9巻以降の連載で本塁打を放ったと聞くが、今回の査定には考慮せず)

■走力D

  • フルスイングに対して稜から「見るからに俊足巧打タイプなのに」と言われている。直接足が速いとわかるシーンはないが、そこそこ走れるのかと。

■守備力D、捕球E

  • 投手の際、一塁ゴロのベースカバーで落球。(48)
  • 中堅手でフライを無難に捕球。怜「外野もそこそこ守れるな」(51)

その他画像

f:id:Curtland2:20210711152926j:plainf:id:Curtland2:20210711152937j:plainf:id:Curtland2:20210711153002j:plainf:id:Curtland2:20210711153012j:plain

いや~もっと美少女ですよね。何度やり直しても顔が上手くいかなかった感。次回作成時はまた変えてみます。問題は目なのか、眉なのか、髪型なのか…

 

↓ 球詠再現の先駆者、あすきみ様のブログ(いつも参考にさせていただいてます)