球詠、大正野球娘。パワプロ再現選手製作所

野球漫画・アニメの女子選手再現

川口息吹(球詠)【パワプロ2021再現・パワナンバー】

f:id:Curtland2:20210703141639p:plain

川口 息吹(球詠/新越谷高校)

パワナンバー:12600 81699 54572(※単行本9巻時点)

※続刊の描写次第で能力のバージョンアップを予定

f:id:Curtland2:20210703141818j:plainf:id:Curtland2:20210703141836j:plain

センスの権化

幼少期より新越谷高校を見て育ち、満を持して新越谷に入った一年生。

野球は高校デビューだが、幼少期より野球オタクの妹・芳乃のオモチャにされ、さまざまな野球選手の物真似を強いられていた。入部後もその経験が活き、あらゆる選手のコピー(非力)で敵を惑わせるファンタジスタ

ただの物真似ではなく、アンダースローの変化球でストライクが取れる、信じられないセンスの持ち主。芳乃と比べてお調子者だが、ノッた時こそ息吹の良さが現れる。

基本情報

■右投両打 投手(サブポジ:外野手◎)

  • 投手も務めるが、本職は左翼手

■投球フォーム:アンダースロー15

  • 詠深、柳大川越朝倉などのコピーもあるが、影森中山のクイックアンダを採用。アンダースローでストライクが取れるセンスがあるのに使わないのはもったいない。(今後まったく出なさそうならオーバーで作り直すかも)

■打撃フォーム:オープン94

  • カットが上手い選手。中島卓也日本ハム)……なのだろう。右打席は違うと思うが、メインは左打席なので。(8他)

■夏大会成績(8巻カバー裏より)

f:id:Curtland2:20210703142023p:plain

能力詳細

f:id:Curtland2:20210703141909j:plainf:id:Curtland2:20210703141923j:plainf:id:Curtland2:20210703141937j:plain

○投手:115km/h コンE スタE スライダー2 カーブ2 シュート2 適正:先(中)

■適正:先発◎、中継ぎ○

  • 初登板はリリーフだったが、その後は先発起用がメイン。

■球速115km/h、ノビB

  • アスリートだったわけでもない野球初心者のアンダースロー。これでも速すぎるが、描写上はホームベースまで山なりになっている感じではなく、最低限のスピードは評価。
  • オーバースローの時だが、珠姫「ノビがある…気がする」。低速でも垂れない直球は、芳乃から良質な回転の投げ方を叩き込まれていると想像。(10)

■コントロールE

  • コントロールに関して珠姫の評価は「ストライクが入るのはありがたい」というレベル。四球を出さない程度のまとまりはある。

■スタミナE、回復E

  • 二刀流で連戦した影響も大きいが、夏大会では足がつって手当てを受ける。

■スライダー2、カーブ2、シュート2

  • 変化球は中山のコピーを想定して。アンダーで投げた影森戦ではカーブを使っている。詠深のコピー時には変化球もすべてコピーしており、中山の変化球も投げられると思われる。ただ、あくまで投法のコピーなので、決め球にできるほどの変化量はないと思われる。(19)

対ピンチB、緊急登板○

  • 影森戦、同点一死二塁から登板し、空振、二ゴロでピンチを切り抜ける。(18/19)
  • 馬宮戦では五安打を浴び、得点圏に走者を背負うものの、四回無失点。(36)

クイックB

  • 中山のクイックアンダーのコピーなので。

 

夏大会防御率1.00の成績から考えれば控えめな査定だが、新チームになってからの新人戦では翔栄戦で五失点しており、夏大会の出来はいくらなんでもビギナーズラック感が否めない。(53)

 

○野手:1EFDDDD

■弾道1、ミートE、パワーF、カット打ち選球眼

  • 柳大川越大野、朝倉からファールで粘る。(6)
  • 中山から三塁後方に落ちるポテンヒット。(18)
  • 中山からファールで粘り死球を獲得。次の打席でも四球で三出塁。(20)
  • 梁幽館吉川からも粘って四球を二度奪う。(25)
  • 大野に対して右打席に入る。外角球は打てないと見送り、その後内角球を引っ張って遊直。ショートがのけぞるような勢いの打球。まったくパワーがないわけではない。(45)
  • 安打は少ないながら、ファールにできるミート力はある。

走力D、走塁Bかく乱積極走塁

  • 詠深のバント捕邪飛で二塁へタッチアップを決める。(25)
  • 大きくリードをとって投手を惑わせる。(37)
  • 「アウトになっても上位から始まる」と、下位打線ならではの思い切った走塁をする。足が速いという直接的な表現は見当たらないが、野球知識をフル活用して工夫している。(25)

■肩力D

  • 真面目に査定すればFだが、右投手は最低でもDになってしまう仕様。

■守備力D、捕球D

  • 初試合で左中間のフライを捕球。(6)
  • 合宿後の練習試合でエラー。(11)
  • 正面やや後ろのライナーを後退し倒れこみながら捕球。(28)
  • ゴロの打球に対し、初心者なら待って腰を落として捕りがちなところ、前にチャージしながら片手グラブで捕球している。後に左直をファインプレイした際も、怜のプレイを参考にしていると語っており、上達が非常に早い。(28/54)

バント○

その他画像

f:id:Curtland2:20210703142054j:plainf:id:Curtland2:20210703142111j:plainf:id:Curtland2:20210703142125j:plainf:id:Curtland2:20210703142140j:plain

高校で野球を始めてこの上手さは、もはやファンタジーの世界ですが、○○年に一人という希有なセンスの持ち主かもしれません。

まだ経験が浅いため控えめな能力(これでも初心者とすればメチャ高)ですが、当然巻を追うごとにバージョンアップとなるでしょう。

 

↓ 球詠再現の先駆者、あすきみ様のブログ(いつも参考にさせていただいてます)