球詠、大正野球娘。パワプロ再現選手製作所

野球漫画・アニメの女子選手再現

武田詠深(球詠)【パワプロ2021再現・パワナンバー】

f:id:Curtland2:20210604215552p:plain

武田 詠深(球詠/新越谷高校)

パワナンバー:12000 01647 86061(※単行本9巻時点)

※続刊の描写次第で能力のバージョンアップを予定

f:id:Curtland2:20210604222358j:plainf:id:Curtland2:20210604222421j:plain

開花した苦労人エース

一人で頑張って孤立して一度は大好きな野球ヤメちゃった人。(11)

幼少期にカラーボールで投げていた魔球を、自己研鑽の末硬球でも習得したが、中学では捕手の能力不足で投げられなかった悲しい過去を持つ。

しかし、捕手として大きく成長した幼馴染・珠姫との再会により、その努力の種は開花どころか大爆発。早速並み居る強打者から奪三振の嵐を巻き起こし、一年夏大会で鮮烈デビューを果たした。

そんな主人公の魂を込めた投球に、熱視線を送らずにはいられない。

基本情報

■右投右打 投手(サブポジ:三塁手△、一塁手△)

  • 監督「マウンドに立たない時は三塁か一塁に入って貰います」(10)
  • 実際に理沙・息吹が投げる時は内野に入っていたが、光の加入により、野手として出場する機会は減りそうな予感。(打撃が向上しない限り)

■投球フォーム:オーバースロー139

  •  元ネタは武田翔太ソフトバンク)と言われるが、詠深は9巻時点でもワインドアップで投げており、ノーワインドアップの同氏とは合致しない。
  • いくら見ても正解がわからなかったので、既にアップされている他の再現者さんの詠深のフォームから、多かったものを参考に。9巻の詠深はフォーム修正に励んでいるので、今後はまた変わるかもしれない。

■打撃フォーム:スタンダード1

  • 特徴なし。

■夏大会成績(8巻カバー裏より)

f:id:Curtland2:20210605002554p:plain

能力詳細 

f:id:Curtland2:20210604222319j:plainf:id:Curtland2:20210604222851j:plainf:id:Curtland2:20210604222909j:plainf:id:Curtland2:20210604222924j:plain

○投手:147km/h コンC スタA カットボール4 あの球7 Hシュート3  適正:先(中・抑)

■適正:先発◎、中継ぎ○、抑え○

  • エースなので先発が基本だが、馬宮戦、熊谷実業戦ではリリーフ登板し、特に熊谷実業戦では最高の火消しをして締めている。(36/38/39)

■球速147km/h、ノビA

  • 通称"強ストレート"を梁幽館戦で五番笠原に初披露。一死満塁から投ゴロ併殺に打ち取る。(28)
  • 西浦にはアンラッキーなポテンヒットを許すが、六割打者・陽にはど真ん中でもファールにする威力。白井からも空振を奪う。(28/29)
  • 四番中田に手痛い一発を浴びるが、最終打席ではそれを上回るノビのストレートを投じ、一飛に打ち取る。(34)
  • 以降も、あの球を凌ぐほどの決め球として使われている。

■コントロールC

  • 週刊ペナント「コントロールの良い直球」。珠姫も遅い直球のコントロールは認めているが、変化球の精度はまだ完璧とは言い難い。(15他)

■スタミナA、根性○

  • 最高で一日約250球投げたツワモノ。全力でも120球はいけるという。(29)

カットボール4

  • 高校で覚えた球。一年夏大会までは捨て球かと思うくらい空気だったが、その後のフォーム修正をきっかけに完成度が向上。空振りを取れるほど鋭く曲がるようになっている。(51)

■あの球7(オリジナル変化球:元は『ナックルカーブ』)

  • 作品の初回から登場する魔球。右打者の顔をめがけて(実際の軌道はもう少し低い)投げた球が、外のワンバウンドギリギリの位置での捕球になる変化量
  • 握りは明らかにナックルカーブだが、遅い直球と同等の速度がある。角度はややスライダー寄りの斜め方向。
  • 死神の鎌に例えてた白菊が「魔球デスサイズ」と名付けたが定着せず。(11)
  • 柳大川越練習試合で、四番浅井から三球連続あの球で空振を奪うなど、まったく寄せ付けない圧巻の投球。(7他)
  • 梁幽館戦でも陽、高代から空振を奪うなど、強豪相手にも通用する。(24/29)
  • 馬宮高校西田「エグい高速カーブ」(35)
  • 熊谷実業久保田を捕邪飛に打ち取る。(38)

■Hシュート3

  • 初期の球姫「カットは微妙だけどツーシームは思った以上に使えそう」(12)
  • 梁幽館戦、陽にはあっさり打たれているが、下位打線には通用しており、特に左打者の吉川には死球と思わせるコースから変化させて見逃三振を奪うなど、変化量も十分。(26他)
  • 梁幽館高橋「直球とほぼ同じ球速」(26)
  • 作中ではツーシームと言われるが、パワプロで設定されているツーシームファストとは別次元の球なのでHシュートに。

対ピンチC

  • 梁幽館戦、観客の応援やヤジにも動じず、満塁での中田敬遠の後も平常心で笠原をゲッツーに打ち取った。(24/28他)

打たれ強さB

  • 梁幽館戦、柳大川越戦では、終盤で痛恨の失点を許すものの、チームメイトには諦めた表情を見せずに最後まで投げ切った。(30/42)

奪三振

  • 柳大川越練習試合で三振を奪いまくる。(5/6)
  • 梁幽館戦六回裏、大田、吉川、小林、西浦で振り逃げも含めた一イニング四連続三振をマーク。(31)
  • その他の試合でも奪三振のシーンが多い。

牽制○

  • 希&柳大川越大島「牽制うまいな」(6)

配分

  • 特に強ストレートについては、使う場面と打者をかなり絞っている。

 

○野手:3GEEBDD

■弾道3、ミートG、パワーE、積極打法

  • 練習試合で打率.050。(16単行本おまけ)
  • 影森戦、七対一からコールドとなる左前適時打。(20)
  • 梁幽館戦、二死二塁にお膳立てしてもらうも、吉川の変化球を空振。(28)
  • ど真ん中の失投を叩くも平凡な中飛。(31)
  • 久保田の高め直球で空振。(37)
  • 浅井に「打率こそアレだが振りは悪くない」と評されるが結局打てず。(45)
  • 夜明林工日高の失投を捉え、初の中越3ランを放つ。(ただし、グラウンドが狭かったので、実質中飛になる飛距離だったらしい)(51)
  • 若干向上の兆しが見えるが、ミートは白菊より気持ち下げたG15で調整。フライが多いので、弾道とパワーはやや上げる。

■走力E

  • 特に評価できる要素がなく、控えめにE。

■守備力D、捕球D

  • 投手の際、遊撃手方向のボテボテゴロを捕球できず、内野安打になる。(6)
  • 三塁手の際、三遊間寄りのサードゴロで無難にゲッツーをとる。(11)
  • 三塁線のライナーを好捕。(17)
  • 一塁でも牽制悪送球を好捕、その他凡ゴロをそつなく捌くなど、無難な守備。(19)
  • 一塁ゴロのベースカバーで落球した光を見て「わかる!ボールとベース見なきゃいけないし」と共感。気を遣ったのかもしれないが、守備に自信を持っている人の発言ではない。(48)

 

※漏らした能力(次回は入れる予定)

ケガしにくさB

  • 体をマッサージしていた芳乃「柔らかくていいねぇ。故障もしにくいし」(9)
  • 中田「小柄なチームの中において目立つ体躯…一年にしては鍛えられている」(22)

その他画像

f:id:Curtland2:20210604230950j:plainf:id:Curtland2:20210604231008j:plainf:id:Curtland2:20210604231022j:plainf:id:Curtland2:20210604231032j:plain

なかなかの苦労人なのでイジりづらいですが、菫や稜にイジられた時は笑ってますね。本当に良い子なんだなあと思います。

思い入れのあるあの球よりも、強ストレートが決め球のようになってきているのが気になります。フォーム修正等でまだまだあの球が進化していくのを期待しています。

 

↓ 球詠再現の先駆者、あすきみ様のブログ(いつも参考にさせていただいてます)